アジアンインテリアの作り方ナビ > アジアンインテリア > アジアンインテリアの種類-2

アジアンインテリアの中のテイストの「オリエンタル」「素朴なモダン」などについてご紹介します。

アジアンインテリアの種類-2

アジアンインテリアの中のテイストタイプ2「特徴的なアジアン」

素材の自然感をフルに活かしたような家具も人気です。バリなどではリゾートホテルもありますが、一方では木材をその自然の形状のままで活かしたデザインの家具や、異国情緒たっぷりのバリ雑貨なども人気のアジアンテイストです。

アジアンインテリア「素朴なアジアン」

日本でのアジアンインテリア雑貨店などでは、素朴な造形の雑貨が置かれていることが多いですよね。それと同様、素朴なデザインの家具もアジアには多いです。切り株をそのままスライスしたようなセンターテーブルや、切り株そのままのスツールなど。また、竹などを使った素朴なデザインの家具などがそうです。こういったものを使うことで、アジアの雑踏の中にいるような、生活感のあるアジアンインテリアのお部屋にすることができます。

素朴なアジアン

アジアンインテリア「オリエンタルアジアン」

また、オリエンタル、エスニックの要素が含まれたアジアンテイストもあります。一般的には、木を多用した、モダンなデザインのアジアン家具に、ファブリックとして、紫や赤などを使うとオリエンタルアジアンのイメージにしやすいです。こちらもある意味、特徴的なアジアンインテリアと言えるでしょう。

オリエンタルアジアン

このように、アジアンには様々な種類があります。それでは、実際にアジアンインテリアコーディネートする際にどのようにするかを見ていきましょう。